婚約指輪との違い


男性が女性にプロポーズするときに贈るものが婚約指輪です。この婚約指輪は、結婚までの期間に着けるもので、他にはパーティーなどの時に結婚指輪と一緒に重ねて着けることもあります。つまり婚約指輪は期間限定の指輪となります。それに対し、結婚指輪は日常的に指に着けるものですから、婚約指輪と同じように考えてはいけません。

日常的に着けるということは、まずは指に負担のかからない軽い素材であること、そして腐食に強い素材であること、家事に影響のないシンプルなデザインであることが重要となってきます。婚約指輪は人目を引く豪華で華やかなものですが、結婚指輪は逆に控えめな感じのものとなります。そして相場ですが、婚約指輪が30万円弱であるのに対し、結婚指輪はペアで25万円程度と少し抑え気味の価格帯です。

このように婚約指輪は女性が婚約から入籍までの期間に着けるもので、デザイン性があり、ダイアモンドなどの装飾が施されているのが特徴です。そして結婚指輪は、愛の誓いの証として夫婦間で交換されるものですから、ペアで購入します。そしてそれを着けたまま生活を送ることになるため、飽きのこないデザインが好まれるのです。婚約指輪と結婚指輪には、こういった違いがあります。購入の際の参考にしてください。